シナプスを増やして天才脳を作る

東京の幼児教室の口コミと体験談と感想

MENU
脳を作るニューロンとシナプスは赤ちゃんの能力を引き出すのに非常に効果的です。やはり赤ちゃんには色々な可能性を与えてあげるためにもできるだけ頭がいい天才と言われる脳に成長させたいと思うのは親としては当然のことだと思います。

シナプスを増やして天才脳を作ろう!

天才脳

赤ちゃんを天才に育てたいと思うのは親としては当たり前のことだと思います。

 

やはり赤ちゃんには色々なことに取り組めるように、できるだけ脳の機能をしっかりと育てたいと思うのは当然のことだと思います。

 

脳の中にはニューロンと呼ばれる神経細胞があり、核を持つ細胞体とそこから伸びる樹状突起、軸索の3つからできています。

 

この軸索の末端が他のニューロンの樹状突起とつながっていくことによって神経回路ができて脳が働くようになります。

 

そもそもシナプスとはなんなのか気になっている人も多いのではないでしょうか。

 

シナプスとは神経細胞同士のつなぎ目の役割をする隙間の総称になります。このシナプスは脳や神経細胞が使われると造られるようになります。

 

天才脳ってどんな脳なの?

シナプス天才

天才と言われる人の脳が脳科学的にはどのように定義されているのかご存知でしょうか?

 

天才脳はシナプスの数が多くて神経細胞の神経回路が多くなって、情報伝達が強くなる脳と言われています。こういった脳が頭がいい天才脳だといわれています。

 

ただこの神経細胞は使わないと、シナプスの量が減ってしまって、極端な場合には、神経細胞そのものが死滅してしまうという事態を引き起こす可能性があります。

 

そのため赤ちゃんなどの神経細胞のシナプスが増えやすい時期に、しっかりと頭を働かせることでシナプスを増やして、より多くの神経細胞を有効に使う必要があるのです。