0歳から知育教育

東京の幼児教室の口コミと体験談と感想

MENU
知育教育はできるだけ低年齢から行うほうが効果が高いと言われているそれは何故なのでしょうか?またなぜ0歳から取り組んだほうが効果が高いのでしょうか?そんな気になる幼児教育の情報を当サイトからご覧ください。

なぜ0歳から知育教育が必要?

0歳教育

知育教育はできるだけ早く取り組んだほうが効果的だといわれています。

 

神経細胞は赤ちゃんが誕生した時点ではほぼつくり終えていると言われています。

 

しかしシナプスの数が少ないので、神経細胞同士のつながりはほとんどないという現実があります。

 

脳の場所によっても違ってきますが、出産直後から脳を働かせて神経細胞を使うと、シナプスの数が増えてきて、生後8ヶ月から3歳くらいの間にシナプス密度が最大になります。

 

神経細胞同士が繋がることによって神経回路ができるようになり、シナプス密度が最大になると、その領域の基本的な、見る、聞く、触るなどの動作が出来るようになると考えられています。

 

シナプスは3歳をピークに密度が減少していく

シナプス

赤ちゃんの知育などの教育で頭のシナプスの最大密度を増やすようにしておくと、シナプスの減少をそれだけ遅くすることができます。

 

もし知育教育などで頭を働かせなかったらシナプスのピーク値はさらに低くなります。あとから学習して神経細胞を使えば、神経回路のつながりは密になりますが、シナプスの減少曲線は少し緩やかになるだけです。

 

ピークを過ぎてしまうと神経細胞を使っても少ししかシナプスは増えていきません

 

そのため大切なのは生後すぐにすべての領域で脳を刺激して、働かせると言うことが大事と言うことです。

 

知育教育と言うと、赤ちゃんに英才教育をするということを想像する人がいますが、それは大きな誤解です。

 

赤ちゃんに声を掛けたり、手間ひまかけていろいろな刺激を与えることで、脳を活性化してあげることが赤ちゃんにとっての知育教育と言えるのだと思います。